笑点初の女性レギュラーと予想されている落語家「蝶花楼桃花」ってどんな人?2024

アイキャッチ

※この記事にはプロモーションが含まれています

2024年3月末で国民的人気番組の笑点を引退する林家木久扇に代わり、誰が笑点レギュラーに選ばれるのかが笑点ファンの間で話題になっています。

新メンバー候補として予想されている方の一人が蝶花楼桃花という女性噺家です。

笑点の長い歴史の中で、初めての女性レギュラーが誕生するのではないかと話題です。

今回は「蝶花楼桃花さんはどんな方なのか」について紹介します。

この記事はこのような方におすすめです
  • 笑点の新メンバーに興味がある
  • 蝶花楼桃花について知りたい
目次

笑点新メンバーは蝶花亭桃花?

蝶花楼桃花 オフィシャルサイトより

笑点初の女性レギュラーとなるのではないかと期待されているのが蝶花楼桃花です。

蝶花楼桃花(ちょうかろう ももか)
本名:高橋 由佳(たかはし ゆか)
1981年5月13日生まれ 42歳
血液型 AB型
落語協会所属

蝶花楼桃花の落語は「上手い、可愛い、華がある」と評判。

初めて女性が加わることで「笑点」がさらに勢いづくとの声も上がっています。

引退する林家木久扇さんと同じ落語協会所属というところも笑点新メンバーの有力候補である理由の一つです。

落語協会プロフィールページ
http://rakugo-kyokai.jp/variety-entertainer/member_detail.php?uid=246
東宝芸能プロフィールページ
https://www.toho-ent.co.jp/actor/1130

蝶花楼桃花はどんな人?

落語協会 プロフィールページより

蝶花楼桃花が落語を始めたきっかけ

蝶花楼桃花は専門学校にてミュージカルを学んでいたという経歴の持ち主です。

「もともとは舞台が好きで、ミュージカル女優を目指して勉強していました。その一環で“伝統芸能にも触れよう”と落語を聴きに行ったら、“私の進む場所はここだ!”と衝撃を受けたんです。で、あれこれ調べるうちに春風亭小朝師匠が大好きになって。すぐに師匠が出演した府中の会場で出待ちして弟子入りを志願したら、翌朝から来るようにと言われたんです。あれから15年になりますね」

2022年3月 デイリー

蝶花楼桃花の落語家としての経歴

2006年11月
 春風亭小朝に入門(25歳)
2007年6月
 前座となる(27歳)前座名「ぽっぽ」
2011年11月
 二つ目に昇進(30歳)「ぴっかり☆」と改名
2022年3月
 女性で10人目の真打に昇進(40歳)「蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)」と改名

女流落語の歴史を変える?とも噂される、若手噺家のホープ。
春風亭小朝に入門。春風亭ぽっぽとして前座修行を開始する。
二ツ目・春風亭ぴっかり☆時代に「浅草芸能大賞」新人賞を受賞。
「NHK新人落語大賞」では3度にわたって決勝に進出する。

蝶花楼桃花 オフィシャルサイトより

異例の落語活動・芸能活動

10日間連続独演会、全国ツアー、海外公演など若手としては異例づくしの落語活動を展開し、「笑点」若手大喜利・女流大喜利をはじめとするテレビ出演や、ラジオ番組のパーソナリティも多数。女優として明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(主演・大地真央)など舞台公演、沖縄国際映画祭出品作品「耳かきランデブー」(主演)など映画にも出演する。
~中略~
コメンテーターとして「news23」に出演、「Kyodo Weekly」にコラムを連載するなど活動は多岐にわたっている。

蝶花楼桃花 オフィシャルサイトより
みい

落語家としてだけでなく、女優、ラジオのパーソナリティ、コメンテーター、執筆活動など幅広く活躍されていますね

蝶花楼桃花と笑点

2022年 9月 6代目三遊亭円楽の代打として女性として史上初めて「笑点」レギュラー大喜利に出演し話題となりました。

「笑点」若手大喜利・女流大喜利にも出演しています。

蝶花楼桃花は、6代目三遊亭円楽の後任としても名前が取り沙汰されましたが、その時には春風亭一之輔が笑点の新レギュラーとなりました。

蝶花楼桃花は結婚している?

蝶花楼桃花には結婚歴はなく、子どももいません。

AKBオーディション

蝶花楼桃花にはAKBのオーディションに挑戦した歴史があります。

2005年、24歳の時に年齢を7歳サバよんでAKB第一期オーディションを受け、秋元康さんに見抜かれて不合格になったとか。

また、2014年、33歳の時には大人AKBオーディションにも出場し、この時は最終選考に残りなんと2位になっています。

ついに笑点初の女性メンバー誕生か?

アイデア

男性落語家は1000人ほどいると言われているのに対し、女性落語家は40~50人ほど。

落語界はまだまだ男性中心です。

そんな中で、笑点の新メンバーとして蝶花楼桃花を待望する声は多くなっています。

男女平等、多様性、女性活躍推進などが叫ばれる現代、笑点にも新しい取り組みがされるのでしょうか。

笑点に女性レギュラー誕生?まとめ

空と雲

2024年3月末、林家木久扇の引退に伴い、笑点新メンバーは誰なのかと話題になっています。

笑点新メンバーの有力候補の一人として名前が挙がっているのが、蝶花楼桃花

蝶花楼桃花は人気も実力もある女性噺家です。

蝶花楼桃花か笑点の女性新レギュラーとなれば、約56年続く笑点史上初めてのこと。

もちろん既に新メンバーは決定しており、そろそろ収録も行われるでしょう。

新メンバーが発表されるのは、4月7日(日)放送の登場時。

本当に楽しみですね。

おすすめはこちら↓

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

密かに小2娘の知育を頑張るママ
塾なし中学受験を目指してます
これは知育におすすめ!
と思ったことを発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次