たぶお式プリントの種類、値段、学習内容、進め方など まとめ

アイキャッチ

※この記事にはプロモーションが含まれています

最近、中学受験界隈で静かなブームとなっているたぶお式プリント。

「どのセットにどのような内容のプリントが入っているのか知りたい」「プリントは全部で何枚?」などの保護者の方の疑問にお答えするために、たぶお式プリントの種類、値段、学習内容、進め方などについてまとめました。

この記事はこのような方におすすめです
  • たぶお式プリントの種類、値段、内容、進め方を知りたい
  • たぶお式が気になる
目次

たぶお式プリント学習マニュアル

こちらは、たぶお先生が作られたたぶお式プリント学習マニュアルです。

学習の要点、Q&A、各プリントの見本や解説などがあります。

たぶお式プリントについて疑問があれば、まずこちらのページからご確認ください。

たぶお式プリントの種類と値段

たぶお式プリントにはいくつかの段階があります

ブロックKが一番やさしく、ブロック5はむずかしい内容になっています。

たぶお先生

現在もプリント開発を続けています。
プリントは今後も必要に応じて増やしていきます。

教材枚数料金
ブロックK302枚6000円
ブロックKP534枚8000円
ブロックP408枚6000円
ブロックP補充
(A・B)
330枚各3000円
ブロックQ158枚3000円
ブロック1486枚10000円
ブロック1補充
(A・B・C・D)
662枚各3000円
ブロック2484枚10000円
ブロック2補充
(A・B・C)
504枚各3000円
ブロック3505枚10000円
ブロック3補充
(A・B・C)
509枚各3000円
ブロック4469枚12000円
ブロック4補充
(A・B)
374枚各3000円
倍数判定法(1)318枚3000円
ブロック5269枚8000円
合計約6300枚11万8000円
たぶお式プリントの種類・枚数・料金
(2024年2月現在)

たぶお式プリント学習の始め方

算数イラスト

たぶお式プリント学習を始めるときには、まずたぶお式のLINE登録が必要です。

まだLINE登録がすんでない方はこちらのステップで進めて下さい。

たぶお式プリントの始め方

たぶお式をはじめるには次のような流れになります。

STEP
LINE登録

たぶお式をはじめるには、まずLINE登録が必要です。

STEP
学年や学習状況を伝える

LINE登録をすると、たぶお先生より「お友だち登録ありがとうございます」のメッセージが届きます。

その内容に沿って、お子さまの学年や学習状況などを伝えます。

STEP
プリントを解いてみる

プリントKとプリントPの見本がLINEで届きます。

お子さんの状況に合わせてプリントを選び印刷し、実際に解きます。

問題を解いているお子さんの様子を動画撮影。

プリントには1枚ずつタイムを書き込みます。

それらをたぶお先生にLINEで送ると、どのプリントから始めればいいのかなどのコメントをいただけます。

STEP
オンライン学習会に参加(任意)

週2回(日曜日16時~と水曜日20時~)
ZOOMにて開催されている無料オンライン学習会を見学することができます。

たぶお式に取り組まれているお子さんや、たぶお先生の姿を拝見することができます。

STEP
プリントを注文

アドバイスされたプリントを注文します。

※アマゾンで買い物をした時のようにすぐには届きません。気長にお待ちください 笑

STEP
プリント学習開始

注文したプリントが届いたらお子さまのペースで自由に進めていきます。

みい

たぶお式プリント学習についてまだよく分からない…という方はこちらの記事が参考になると思います。

たぶお式プリントはどれから始めればいい?

さんすう

たぶお式のLINE登録後に、どのプリントから学習を始めればいいのかをたぶお先生に直接相談することができます

ですが、幼児~小学校低学年のお子さんで、これまでに特別な先取り教育をしていない場合には、ブロックKから始めるのが一般的です。

計算が得意、数学年先の先取り教育をしているというお子さんは、たぶお先生のアドバイスに沿ってはじめてください。

みい

娘は小2の夏からたぶお式をはじめました。
ブロックKから始めてちょうどよかったです。

たぶお式プリントはどのように進めたらいい?

たぶお式プリント学習は、マニュアル厳守という風潮はなく、お子さんのようすを見ながら進めていきます。

「分からない問題が出てきたら答えを見てもOK」「習っていない問題は分からなければ飛ばしてもOK」といった感じの進め方で大丈夫。

大まかな流れとしてはブロックKから始めてブロック5をめざしていきます。

1日何枚のプリントをやるのか、オンライン学習会に参加するのかなどは、それぞれのご家庭の判断。

たぶお式プリントの取り組み方でお困りのことが出てきたら、たぶお式のLINEのオープンチャットで質問することができます。

オープンチャットでは、たぶお先生やたぶお式の先輩の保護者からアドバイスをもらうことができます。

たぶお先生

取り組み方については、上記の「プリント学習マニュアル」を参考にしてください

たぶお式プリント教材の学習内容

たぶお式プリントの内容の一覧を載せていきます。

ブロックK

ブロックP

ブロックQ

ブロック1

ブロック2

ブロック3 インド式&比と割合

ブロック4 旅人算&数の性質

倍数判定法

ブロック5 応用問題

みい

倍数判定法のプリントは最近新しく加わったプリントです。
位置づけとしてはブロック4とブロック5の間になります。

たぶお式プリントの値段・内容・進め方など まとめ

緑

たぶお式プリントはブロックKから始まりブロック5まであります。

たぶお先生は現在もプリントの開発を続けているため、徐々にプリントは増えていく可能性があります。

ここ数カ月の間に、たぶお式に取り組むお子さんが増えてきました。

たぶお式は、プリント開発、オンライン学習会、ユーザー対応など、基本的にはたぶお先生がお一人で運営されています。

今回、たぶお式プリント学習に取り組む保護者の方にプリントの体系や全体像が分かりやすくなればと思い、各プリントの値段や学習内容をまとめてみました。

参考になれば嬉しく思います。

おすすめはこちら↓

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

密かに小2娘の知育を頑張るママ
塾なし中学受験を目指してます
これは知育におすすめ!
と思ったことを発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次